• JCL_lst_SelectRows_byValues

    配列型リストボックスのある列の値を指定して、行を選択する。複数行。 使い方JCL_lst_SelectRows_byValues (->vA01TB_lstBR;->vA01TB_lstBR_ID;-> […]

    続きを読む

  • JCL_lst_SelectOneRow_byValue

    配列型リストボックスのある列の値を指定して、行を選択する。単数。 使い方JCL_lst_SelectOneRow_byValue (->vA05_lstJO;->vA05_lstJO_ID;->$jo_id) 引数$1: […]

    続きを読む

  • JCL_tbl_InitValue

    JCL_method_GenerateOneから呼ばれる。データ型に合わせてデータの初期値を返す。

    続きを読む

  • JCL_tbl_DataType

    JCL_method_GenerateOneから呼ばれる。データ型の文字列を変換する。

    続きを読む

  • JCL_method_GenerateOne

    JCL_method_Generateから呼ばれる。メソッドを一つ作るモジュール。

    続きを読む

  • JCL_method_Generate

    フィールド定義「fields」とテンプレートメソッドフォルダの内容を読み込んで、テンプレートメソッドからフォーム01とフォーム02用のメソッド群を生成する。フォーム01とフォーム02について、また生成するメソッドについて […]

    続きを読む

  • JCL_frm_isExist

    フォームが存在するかを確認する。

    続きを読む

  • JCL_lst_Export_pgs3

    配列方リストボックスの一覧をテキストファイルに書き出す。プログレスバーを表示するため、別途JCL_DLG.4dbaseコンポーネントが必要。 使い方$success:=JCL_lst_Export_pgs3 (-> […]

    続きを読む

  • JCL_str_Datemark

    日付と時刻を連結した文字列を作る。この文字列にしておくと、4D以外のDBに値を持っていくのが簡単。4Dの日付方は時刻を含まないため、レコードの更新順に並べたい場合など、DATE型とTIME型の2つのフィールドでソートした […]

    続きを読む

  • JCL_pgs_Open

    プログレスバー表示用メソッドのひとつ。JCL_pgs_Showから呼ばれて、別プロセスでフォームを表示する。 使い方$ProcessNo:=New process(“JCL_pgs_Open”; […]

    続きを読む

  • JCL_pgs_Close

    プログレスバー表示用メソッドのひとつ。ループ終了後にフォームを閉じる。 使い方JCL_pgs_Close 引数なし

    続きを読む

  • JCL_pgs_IsCancel

    プログレスバー表示用メソッドのひとつ。ユーザのキャンセル操作を見張る。 使い方$done:=JCL_pgs_IsCancel 戻り値$0: インタープロセス変数<>P01_Cancelの値

    続きを読む